Top >  自動車の車体電装

自動車の車体電装

自動車の電気的な部分、車体の電装に関してのカテゴリーです。

自動車の電子的な部分の故障はメカニック泣かせな部分でもあります。テスターなどを使用すれば電気の流れはつかめますが、それにしても機械のように眼で直接見えない部分は、本当に故障探求に時間がかかる場合が多いものです。

あと故障探求といってメカニック泣かせなものに、異音があります。「このスピードでこの角度のコーナーリングをすると、こっちの方から少し音がするんだよ」といわれ、同じ条件でテストしても音が全く確認できない場合などとても困った事になる事がしばしばあったりします。
まずは、異常な音なのかそうでないのかがポイントになります。異常な音ではなく、機能音だったとしても車によって音の大小や質が違う事があります。


※ スチームファースト

愛車のホイルの汚れをスッキリ落としたいならスチームクリーナー!こいつを使えばエンブレムもピカピカです。筆者はこのパワフルなスチームクファーストを使用しています。もちろん家の中もピカピカにできます。


自動車の車体電装一覧

lime.jpg

バッテリーのマジックアイ

バッテリーのマジックアイまたはハイドロメーターとは、バッテリーの健康状態を示すメーターの事です。 バッテリーにマジックアイが付いている場合、バッテリーの上部に丸いプラスチックで透明な蓋がかぶったのぞき...

ワイパー

自動車のワイパーは、雨や雪の日のドライバーの視認性を確保するためにフロントガラスやリアガラスに装着される、雨や雪を掃く装置です。 フロントワイパーは、カウルパネル内に収まったワイパーモーターによって駆...

ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプまたはディスチャージヘッドライトとは、ハロゲンヘッドランプと比べて輝度が約3倍の明るい性能を持ったヘッドランプの事です。キセノンライトともHIDライトとも呼ばれる事があります...

間欠ワイパー

間欠ワイパーとは、通常の連続してワイパーが作動する状態ではなく、ある一定の間隔をおいて作動するワイパーが作動する機能の事です。 間欠ワイパーは、フロント側のワイパーに設定されており、雨の量が少ない時に...

シートベルトプリテンショナー

シートベルトプリテンショナーとは、SRSエアバックの作動と同時にシートベルトのバックル側(受け側)を一瞬にして縮める事によって、ELRシートベルトのたるみを取り除くための装置の事です。 ELRシートベ...

SRSエアバッグ

SRSエアバッグとは自動車の前面衝突時、ドライバーや搭乗者への衝撃を低減させ、室内装備品やガラスへ衝突するのを防ぐシステムの事です。SRSエアバッグのSRSは「Supplemental Restrai...

フォグランプ

フォグランプとは、激しい雨や霧、雪などという悪天候の時に視界を確保するため使用する補助的なランプです。フォグランプの色は、クリアーかイエローが一般的なものです。 日本の法規上はフォグランプはヘッドライ...

シールドビーム

シールドビームとは、密閉(シールド)式のヘッドライト・ランプの事で、ライトの形状には丸形と角形とがあります。ヘッドライトの形状は丸型と角型と制限されているため、異形ヘッドライトが普及している、明るくな...

ダイバーシティアンテナ

ダイバーシティアンテナは、ラジオやテレビの受信システムの1つで、2つ以上のアンテナで電波を受信し、受信状態が良好な方のアンテナを自動的に選択して分配する受信方式の事です。ダイバーシティは英語ですが、相...

メンテナンスフリーバッテリー

メンテナンスフリーバッテリーとは、その名の示すとおりメンテナンスを行う必要がないバッテリーの事です。正確にはメンテナンスをするスパンが長いバッテリーを指しています。 自動車用のバッテリーは、規格上ロー...

インジェクター

インジェクターとはエンジンに燃料を噴射する装置の事です。より燃焼しやすい混合気を作るために、燃料は霧状になり噴射されます。 エンジンに供給するガソリンの噴射量は、エンジンのその時々の状況によって変化し...

スパークプラグ

スパークプラグとは、燃焼室(シリンダー)内のガソリンと空気の混合気に点火する役目を持つ自動車部品です。ガソリンエンジンには4気筒であれば4本、6気筒であれば6本というように1気筒毎に装着されています。...

イモビライザー(イモビ)

イモビライザー(イモビ)とは、自動車メーカーが用意している盗難防止装置の一種で、イグニッションキーとエンジンコントロールユニット(ECU)との組み合わせを使用し、自動車盗難を防止する機能を持つ装置の事...