※ スチームファースト

愛車のホイルの汚れをスッキリ落としたいならスチームクリーナー!こいつを使えばエンブレムもピカピカです。筆者はこのパワフルなスチームクファーストを使用しています。もちろん家の中もピカピカにできます。


Top >  自動車のエンジン >  エンジンのオイル上がり

エンジンのオイル上がり

エンジンはエンジンオイルで潤滑されていますが、このエンジンオイルがシリンダー側からエンジンの燃焼室へと入り、燃焼してしまう事をエンジンのオイル上がりといいます。

オイルの動きの方向として、下側(シリンダー)から上側(燃焼室)への動きであるため、オイル上がりと呼ばれる事になります。

エンジンのシリンダー内部も潤滑が必要であるため、通常でもシリンダー内部にもオイルが侵入しますが、ピストンに装着されるオイルリングによって、潤滑されたエンジンオイルは引っ掻かれてエンジンのオイルパン側へ戻されます。

エンジンのオイル上がりの症状としては、エンジン内部でエンジンオイルが異常に燃焼してしまいますから、マフラーから出る排気が白くなる事となります。また、エンジンオイルの異常消費へとつながる事にもなります。エンジンオイルが異常に減り、エンジンオイルのオイル漏れがない時には、このオイル上がりかオイル下がりを疑ってください。

マフラー内部に水分がたまっていると排気の熱で水分が熱せられて、オイル上がりと同様に白い蒸気がでますが、これはもちろん異常ではなくて、マフラーが加熱してくると時間とともに無くなっていく症状です。

オイル上がりの場合にはエンジン回転が高くなるほど症状(白煙)が現れるため、エンジンを空ぶかししてみるのも1つの有効な診断方法です。

関連エントリー

圧縮比(コンプレッションレシオ) レシプロエンジン ロータリーエンジン レブリミット インタークーラー オイルクーラー オイルフィルター エアクリーナー オクタン価 空冷式冷却 水冷式冷却 エンスト(エンジンストール) エンジンのオーバーヒート エンジンのオイル下がり エンジンのオイル上がり アイドリングストップシステム アイドリング