※ スチームファースト

愛車のホイルの汚れをスッキリ落としたいならスチームクリーナー!こいつを使えばエンブレムもピカピカです。筆者はこのパワフルなスチームクファーストを使用しています。もちろん家の中もピカピカにできます。


Top >  自動車のエンジン >  エンジンのオイル下がり

エンジンのオイル下がり

エンジンのオイル下がりとは、シリンダーヘッド側から燃焼室へとエンジンオイルが混入してしまう事です。エンジンの頭の部分に位置するシリンダーヘッドから、燃焼室へと下方向へのエンジンオイルの動きであるため、オイル下がりと呼ばれます。

シリンダーヘッドには、インテークマニホールドから混合気を燃焼室内へ吸入するインテークバルブ、燃焼室で燃えた排気をエキゾーストバルブへ送り出すエキゾーストバルブ、それぞれのバルブを動かすカムシャフトなどが組み込まれています。

インテークバルブもエキゾーストバルブも燃焼室へ直接つながっている部分なので、シリンダーヘッドへまわったエンジンオイルが燃焼室へ混入しないように、ステムシールというオイルシールが装着されています。

このステムシールが劣化や損傷を負ってしまうと、燃焼室へエンジンオイルが混入してしまう事になります。オイル下がりはエンジンオイルの異常な消費や、マフラーからの白煙で診断できますが、通常の走行中に白煙はほとんど出る事はなく、長時間停車後、エンジンを始動した直後に白煙を出す事が多いです。

これは停車中シリンダーヘッド側にたまったエンジンオイルが、ステムシールを介して、下方向の燃焼室へ垂れてしまうために起る症状です。

関連エントリー

圧縮比(コンプレッションレシオ) レシプロエンジン ロータリーエンジン レブリミット インタークーラー オイルクーラー オイルフィルター エアクリーナー オクタン価 空冷式冷却 水冷式冷却 エンスト(エンジンストール) エンジンのオーバーヒート エンジンのオイル下がり エンジンのオイル上がり アイドリングストップシステム アイドリング