※ スチームファースト

愛車のホイルの汚れをスッキリ落としたいならスチームクリーナー!こいつを使えばエンブレムもピカピカです。筆者はこのパワフルなスチームクファーストを使用しています。もちろん家の中もピカピカにできます。


Top >  自動車の足回り >  スタンディングウェーブ現象

スタンディングウェーブ現象

スタンディングウェーブ現象とは、タイヤの接地面の後方(接地した後の部分)が、波打っている状態となる事です。自動車を運転していて、車体に振動が伝わってくるとドライバーも気が付く事ができるのですが、スタンディングウェーブ現象が起きても、都合が悪い事に振動はドライバーに伝わりにくいという特徴を持っています。

スタンディングウェーブ現象は、高速走行中かつタイヤの空気圧が低下した状態で起きやすい現象です。この現象は、空気圧が低下している事が要因となり、タイヤがたわみを起こしやすいため起こりやすくなってしまいます。

スタンディングウェーブ現象では、たわみが連続して起こる事によりタイヤが熱せられた結果、タイヤがバーストを起こす事が多く、しかも高速走行中に起きやすい現象であるため、非常に危険な状態であるといえます。

高速走行前にタイヤの空気圧を高めに設定しなくてはならないといわれているのは、このスタンディングウェーブ現象を防ぐためでもあります。

タイヤのメンテナンスでは、日頃から空気圧調整はもちろん行わなければなりません。特に高速走行前には空気圧を高めにする必要がありますが、空気圧調整のついでにタイヤのトレッド部分(接地面)の点検や、サイドウォール(横側)のヒビ割れにも気を付けましょう。ヒビ割れもまた、バーストの原因となり得ます。

関連エントリー

スタンディングウェーブ現象 ブレーキキャリパー ダブルウィッシュボーン式サスペンション マクファーソンストラット式サスペンション リーフ・スプリング式サスペンション ドライブシャフト ディスクブレーキ インチアップ トレッドパターン スリックタイヤ タイヤのフラットスポット トー角(トーイン・トーアウト) テンパータイヤ(スペアタイヤ) エアサスペンション(エアサス) スタッドレスタイヤ(冬タイヤ) サマータイヤ(夏タイヤ) ランフラットタイヤ アルミホイール(アロイホイール)