※ スチームファースト

愛車のホイルの汚れをスッキリ落としたいならスチームクリーナー!こいつを使えばエンブレムもピカピカです。筆者はこのパワフルなスチームクファーストを使用しています。もちろん家の中もピカピカにできます。


Top >  自動車のオイル(潤滑油) >  オイルレベルゲージ

オイルレベルゲージ

オイルレベルゲージとは、オイルの量を測定するためのスティック状のゲージの事で、ディップスティックと呼ばれます。エンジンオイル・ATオイルなど、各オイルともディップスティックをチューブから抜き、きれいなウエス(ゲージに毛が付いてしまわないような布が望ましい)で拭いた後にオイル量を測ります。

エンジンオイルのレベル測定は、エンジンが停止した状態かつ、エンジンオイルがエンジンのオイルパンまで下がった状態で行います。エンジン停止直後などでは、エンジン各部へエンジンオイルが回っているため、正しい測定はできません。ですので、エンジンの冷間時に測定を行えば間違いはありません。

エンジンオイルレベルの測定をエンジン停止直後に行うのであれば、エンジンを停止して5分〜10分間ほど時間を空けて行います。

エンジンオイルの量は、MIN(ミニマム)〜MAX(マックス)の間にあれば問題はありません。ついついマックスレベルぎりぎりまでオイルを補充又は給油しがちですが、誤ってマックスレベルを超えると、逆にエンジンに無駄な負荷がかかる事になってしまいます。

オートマチックトランスミッションのオイルを測定する場合、トランスミッションによって冷間時に測定するものや温間時に測定するもの、エンジンが始動した状態、停止した状態で測定するなどさまざまです。自動車メーカーが発行した取扱説明書かリペアマニュアルを参照して行うようにします。

関連エントリー

オイルレベルゲージ エンジンオイル マニュアルトランスミッションオイル オートマチックトランスミッションオイル(ATF)